債務整理の種類

弁護士事務所に借金の相談をした場合、提案される債務整理の種類は4種類です。

まず1つ目は債務者との話し合いによって、借金の返済額や借金自体の金額を見直す任意整理です。司法書士などの専門家である弁護士に相談をすることで交渉や手続きを行い、利息の再計算や支払い方法の変更を行います。利息制限法に基づいて利息を再計算するので借金残高の減額を見込むことができ、利息を払いすぎている場合は同時に返還の交渉もすることができます。

特定調停2つ目は、借金の一部を原則3年間で支払うことを条件に残りの借金返済額を免除してもらう個人再生です。住宅ローンを除いた借金が5000万円以下であり、将来的に一定の収入が見込める場合に利用することができ、裁判所に申し立てを行います。

3つ目は簡易裁判所で調停員の協力のもとで債務者と債権者が借金の減額や将来の返済計画についての条件を交渉する特定調停です。利息制限法に基づいて利息の再計算を行うので利息を払いすぎている場合は借金残高の減額が見込めますが、返還交渉は行うことができません。そして4つ目は裁判所に申し立てを行い、免責を受けることで借金を免除してもらう自己破産です。借金の債務整理には4種類の方法がありますが、借金の理由や状況によっては利用することができないものもあり、今後の生活も踏まえて最適な方法を選択することが大切です。

Top