メリット、デメリット

債務整理を行うことで借金の残高を減額することができる、毎月の返済の負担を軽減することができるなどのメリットがあるのですが、債務整理を行う場合には、それぞれの整理方法のデメリットも知っておかなければなりません。債務整理の中でも最もデメリットが大きいと多くの人が感じているのが自己破産ではないでしょうか。

自己破産自己破産は裁判所に申し立てを行うことで免責を受けることができれば借金を免除してもらうことができます。安定した収入がなく返済をしていくことができない、借金の総額が多く返済の目処が立たない、借金を免除してもらい再スタートを切りたいと言った場合に提案されることが多いのが自己破産ですが、自己破産の特徴としてギャンブルや浪費などで作った借金は免責されないこともあります

また自己破産をした事実が信用情報機関に登録されることから、自己破産をした7年から10年は新たにローンやクレジットカードを利用することが困難になります。さらに自己破産をした時に所有している住宅や車など資産をみなされるものに関しては借金と引き換えに手放すことになります。この他にも弁護士や税理士、司法書士や宅建建物取引主任者、保険の外交員など自己破産の免責を受けると資格が制限されることもあります。

債務整理の方法によっては整理をすることでデメリットが生じてしまうケースもあり、いわゆるブラックリストに載ってしまう、周囲の人に知られてしまうと言ったこともあります。

Top